尾道の接骨院 腰痛でお悩みなら | 宗永鍼灸接骨院

新着情報

椎間板ヘルニアの秘密 知りたい人はいませんか?

2017/11/30

akirame.png

 

足やお尻あたりのシビレや痛みがあると、よく耳にする

「腰椎椎間板ヘルニア」という病名が疑われます。

この症状はレントゲンでは判別しにくく、MRIという特殊な機器で撮影することで判明することがあります。

 

今日はそんなヘルニアについてのお話をしたいと思います。

 

 

ヘルニアってなに?

ヘルニアと聞くと、「あ〜、腰か首の病気ね!」と思うかもしれませんが、厳密にはヘルニアとは、簡単にいうと中にあったものが外に飛び出す状態のことをさします。

 

腰椎椎間板ヘルニアや、頚椎椎間板ヘルニアの他にも鼠径(そけい)ヘルニアと言って腸が外に飛び出してしまう病気もあります。

 

腰椎椎間板ヘルニアの場合は、骨と骨の間にある椎間板と呼ばれるクッションの中にある髄核(ずいかく)と呼ばれるゼリー状のものが外に飛び出して、神経を圧迫していると言われています。

 

img20171130_10283843.jpg

 

緑の→が椎間板です。それを上から見たものが図の右側。

髄核は正常であれば、の部分で椎間板の中央にあります。それが青の→の様に神経が通り後ろ側に飛び出していると思います。

 

 

腰から出てた神経は川の流れのように足に向かって走行します。よって足にシビレや痛みがあると腰の状態を疑うのです。

 

なぜ、このような状態に陥るかは人それぞれではありますが、多いものとして、背骨に過剰に負担がかかってしまっていることが考えられます。

椎間板はクッションの役割をしているのですが、ある1点に過剰かつ持続的に負荷がかかることで椎間板の中の髄核が飛び出してしまうのです。

 

予防としては背骨に負担のかからない姿勢やその姿勢を維持できる体作りをしていく必要があります。

 

IMG_0488.PNG

 

 

手術をすれば足のシビレや痛みは消えるのか?

ここまでの話の流れから、「じゃあそのヘルニアの部分を取り除けば痛みは消える!!!」と思われるかもしれません。

確かに、楽になられる方もおられます!ただ、痛みやシビレでお困りの方を接する機会が多い仕事柄、残念ながら全員がそうではないんですね。

 

手術というと簡単に聞こえますが、腰や首には大事な神経が多く存在することを忘れないでください。なので、非常にリスクが高いのです。

 

最近では、ヘルニアの患者さんにも手術を勧めないお医者さんも多くおられます。でも手術が必要な場合もあります。例えば、直腸膀胱障害です。ヘルニアが原因で尿意や便意を感じることができずに失禁したり、頻尿、便秘を引き起こすものです。こういった症状があるときには主治医としっかり相談して手術という選択も頭に入れて起きましょう!

 

 

本当にそのシビレ、ヘルニアが原因?

 

レントゲン、MRI、CTなどのを撮った結果、「椎間板ヘルニア」という診断が出ますが、果たして本当にそれが原因でシビレているのでしょうか?

 

ここだけの話、あなたの身近にいるどこも痛くないし、痛くなったことがないという元気モリモリの人もヘルニアがあることだってあるのです。

 

ただ、気づいてないだけ・・・。

 

腰が痛くなったことがないからレントゲンやMRIを撮る機会がないため気づかないだけでそのようなケースはたくさんあります。

 

シビレでお困りのあなたへ。

今のシビレは24時間、一定で全く変化がありませんか?

 

お風呂に入ると楽になる。

寝ていると痛みはない。

座っていると楽。

歩いていると次第に楽になる。

足を組むと楽になる。

etc.

 

上の図でも説明したように神経を圧迫しているものが原因であれば、ずっと痛むはず。なので痛みは24時間一定のはずなんです。でも、多くの方は、何かこれをすれば楽、この体勢なら痛くないと感じられる方がほとんどです。

 

そういった状態があるのであれば手術をしないという選択肢の道が開かれたといってもいいでしょう。

 

最初に「ヘルニア」と言われると誰だって、そこが悪いと思い込んでしまいます。

ですが、あらゆるケースがあるということを忘れないでくださいね。

 

じゃあ何をすればいいのか?

先ほども述べましたが、病院の先生でさえ何でもかんでも手術を勧めたりしません。

ただ、できることといえば、、、

・痛み止め(ロキソニン、ボルタレン、etc)

・牽引治療

・温熱治療

・漢方

といったところでしょうか?

痛みを感じにくくして体を動かして治すといった方法も悪くはないのでしょうが、その分他の所に悪影響を及ぼすことがあるのを忘れてはいけません。

 

長期にわたっての痛み止めの摂取は、胃腸の状態を悪くすることがあることも忘れてはいけません。

 

当院では、上で挙げた方法は一切行いません。

その分、体のどこに負担がかかって痛みが出てきてしまったのかを判別していき、多くのシビレでお困りの患者さんからお喜びのお声をいただいております。

 

もしあなたが、

 

「今やってる治療で大丈夫なのか?」

「このお尻のシビレと痛み、広がっていくのかな?」

「このまま痛みが引かず、歩けなくなったらどうしよう。。。」

といった不安な気持ちを持っておられるのであれば、、、

そんな時こそ、尾道市にある腰痛専門治療院/宗永鍼灸接骨院にお越しください。

 

一緒に痛みのない生活を取り戻しましょう。

 

 

首のヘルニアでお困りの方はこちらをご覧ください。

 

bulog1.png

https://line.me/R/ti/p/%40hmo5377t

 

尾道・福山・三原で慢性腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症でお悩みなら 宗永鍼灸接骨院へ

 

顎関節症・歯ぎしり・食いしばり癖でお悩みのあなたはコチラ↓

http://www.mune-gakukansetsu.com/

宗永鍼灸接骨院 整顎治療 アゴのお悩み専門HP

 

産後の腰痛や骨盤矯正ならコチラ↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/sangokyousei

 

pasonal.png

 

 

<<一覧に戻る

ご予約・お問い合わせ

友だち追加

info

宗永鍼灸接骨院
〒722-0022
広島県尾道市栗原町9731-5
>> アクセスマップ
【営業時間】
■月~金
9:00~12:00、15:30~20:00
■土曜日
8:00~12:00
【定休日】
土曜日午後・日曜・祝日

宗永鍼灸接骨院は、腰痛や肩こり、交通事故による症状など・・・早期回復を目指した治療を行っております。

  • ご予約・お問い合わせ
  • TEL:0848-22-3933

Facebook

友だち追加

広島のアゴ専門治療院

産後の骨盤矯正

PAGETOP